松山道後ライオンズクラブ
お問い合わせ
トップ クラブ概要 会長あいさつ 活動報告 理事会・例会 役員・委員紹介
理事会・例会

大分LC歓迎例会 2011.12.16

 計画・大会・財務委員長 上田 保

「大分LC 歓迎例会」

 年々交流を深めている大分ライオンズクラブの皆さまをお迎えしての恒例の大分LC歓迎例会を10月20日に開催しました。今回は佐藤名誉顧問をはじめとする13名のメンバーが参加され、昼間のチャリティゴルフ大会(松山ゴルフ倶楽部)、松山市内観光に引き続きのご主席で、お互いに気心の知れた和気あいあいの雰囲気の中でのスタートとなりました。

 開会に先立って、松山少年少女合唱団の演奏がL阪本佳子さんの指揮のもと披露されました。曲目の中でL奥島団四郎さんの作詞・作曲である「樹氷花咲く」も演奏され、また、全員で「ふるさと」を大合唱、子供たちの清らかで美しい歌声には参加者一同、深い感動を覚えました。

例会では山下操会長がまず挨拶され、絶えていたお互いの友好のシンボルである「ホルトの木」復活の植樹が行われたことを紹介されました。次に、大分LCの有馬菊乃第一副会長からは、ホルトの木復活へのお礼と更なる友好の絆を深めていこうというご挨拶をいただきました。歓迎会では、L小川時江さんの司会のもと、三好慶子第一副会長の挨拶、中園清春大分LC幹事のメンバー紹介、佐藤大分LC名誉顧問の乾杯へと進み、歓談で親睦を深めることができました。

盛り上がったところを見計らい、お待ちかねのゲームの開始となりました。今回はだれにも分かりやすい「500円でじゃんけんポン」で、会場を縦に2分、各テーブルで各人500円をもとにジャンケンし、勝ち抜き者1名代表者となり、縦のテーブルごとに各テーブルの代表者による最終勝者を決定しました。最後に残ったそれぞれの勝者は、偶然にも松山のL村田裕司さんと大分の三井睦子さんで、勝者が500円を総取りするというスリリングなものとなりました。一人500円の投資ですから、大変な金額です。そこは、村田さんの男気です。微妙な配慮のもと、みごとチャンピオンに三井さんが輝いた結果となり、L正岡昇さん、高井広之さんの軽妙なゲーム進行もあり、大いに盛り上がったところでゲームを終えることができました。

実はこのゲームには美談があります。チャンピオンの三井さんが賞金全額をファインされました。さすが社会奉仕に精進するライオンにふさわしい素晴らしい方であり、清々しい余韻の残る楽しい例会となったことに感謝申し上げます。

松山道後ライオンズクラブ事務局 TEL089-913-1631 プライバシーポリシー お問い合わせ