松山道後ライオンズクラブ
お問い合わせ
トップ クラブ概要 会長あいさつ 活動報告 理事会・例会 役員・委員紹介
活動報告 新着情報

みかん狩り (五明地区 野本果樹園にて) 2014.11.21

 

市民委員長 仁野 重己

 

みかん狩り6-1.jpg

 

今回で第4回のみかん狩りが、今年もその時期になりました。1121日の9時過ぎに、五明公民館に行き中臣さんと野本果樹園の奥様に会い、すぐに奥様の車に乗せてもらって、現場のみかん園に行き打ち合わせしました。

 

 

 

今年は、みかんが熟すのが早かったので、5本位だけ残してあとは、野本果樹園さんがとってくれていました。みかん園のすぐ上に山下会長の時に植樹した桜の木が、すくすく成長していました。今どこの地区でもあることですが、猪がきたり、それと猿も現れるそうです。その後、農協に行き、段ボールを買いました。

 

 

 みかん狩り6-3.jpg

翌々の23日日曜日9時前に五明公民館に、会員13名、会員家族18名、松山少女合唱団12名、松山手をつなぐ育成会16名、福角会15名、総勢76名が参加して頂ました。

 

 

 

五明地区からは、地区会長を始め役員の皆様、婦人会の方々総勢14名参加して頂きました。公民館から20分位かな?かかってみかん園に行き、みかんを取りました。大人数で行ったのと、みかんの木が少なかったので短時間で終わりました。天気も良く風もなかったので、もっと取りたかったのですが、残念でした。今日はたまたま猪が現れていましたが、下の方で捕まえていたので、なにもなくて良かった。その後公民館に帰りました。地域住民の方々と、参加して頂いた有志の人が、段ボールとナイロン袋にみかんを入れました。その後、全員公民館に入り、参加して頂いた方々にお礼を言って、食事をすることになりました。地元婦人会の方々による「芋炊き」「猪汁」と五明地区ならではの「むかごご飯」をいただき、心もお腹も暖かくなりました。

 

 

みかん狩り6-5.jpg

 

その後、野本果樹園さん・五明地区会長始め役員の皆様・婦人会の方々に感謝状、お菓子、お酒等をお礼として渡しました。

 

 

 

 

 

 

最後に、井上さんにお願いして運送屋さんを呼び、みかんの入ったダンボールを車に積み、岩手県手をつなぐ育成会を通して30ケースを被災地(岩手県久慈市、釜石市、山田町)の施設へ贈り、ライオンズクラブとして、「東日本大震災復興支援」の一端を担うことができました。そして、「手をつなぐ育成会」「少女少年合唱団」「福角会いつきの里・福祉園」の皆さんとの交流も「みかん狩り」の実施により深めることができました。みなさま、大変ありがとうございました。来年も宜しくお願いします。 

 

 

後日岩手県手をつなぐ育成会様より、横断看板(幅14M、高さ90cm)を作成し表示して頂けると連絡がありました。岩手県手をつなぐ育成会様誠にありがとうございます。本当に最後ですが、中臣さんにお願いして来年からは、10月半ば以降にできたらいいと思います。

 

 

 

 

 

松山道後ライオンズクラブ事務局 TEL089-913-1631 プライバシーポリシー お問い合わせ